HOME > 促進協議会とは? > 富士山静岡空港利用促進宣言

富士山静岡空港利用促進宣言

富士山静岡空港利用促進宣言

富士山静岡空港は、静岡県の空の玄関として、県民生活やビジネスにおける利便性向上に大きく寄与するとともに、国内外との幅広い交流や連携を進め、静岡県の産業経済の活性化や地域の発展に重要な意義を持つ空港です。
富士山静岡空港利用促進協議会は、民間団体、企業及び行政機関が一体となって、富士山静岡空港の利用促進や需要拡大を図るため、以下のことに積極的に取り組むことを宣言します。

  1. 就航先との交流の活発化や、富士山静岡空港を利用する魅力ある旅行の企画・提案、広域連携等、様々な取組を展開し、より多くの方が空港を利用する機会を増やします。
  2. 学校教育や文化交流・スポーツ交流における富士山静岡空港の利用を呼びかけます。
  3. 地域団体等と連携し、富士山静岡空港を利活用した地域発展に関する取組を進めます。
  4. 当協議会の会員は、就航先への出張の際、富士山静岡空港を最優先で利用するほか、就航先との産業交流拡大などを通じて、ビジネスにおける空港利用を進めます。
  5. 当協議会の会員は、富士山静岡空港を育てることを目的として、他空港を利用する場合も、富士山静岡空港に就航している航空会社を積極的に利用し、航空会社との連携強化を図ります。
  6. 当協議会の会員は、各団体の広報媒体等を活用し、富士山静岡空港のPRを行い、利用を呼びかけます。
  7. 富士山静岡空港を身近なものとして気軽に利用するよう、県民により一層働きかけることにより、「航空文化」の醸成を図っていきます。

平成22年11月15日

富士山静岡空港利用促進協議会


このページのTOPへ